中耳炎|福山市東福山駅の耳鼻科|耳鼻咽喉科東手城医院

084-983-3341
〒721-0962広島県福山市東手城町1丁目3番11号・12号
診療時間
9:00~12:15 × ×
15:00~18:15 × × ×
ネットでのご予約はこちら

中耳炎

中耳炎

急性中耳炎

急性中耳炎とは?

3歳以下のお子さんの7割~8割が一度は急性中耳炎にかかると言われています。風邪などによってウイルスや細菌が鼻を通って鼓膜の奥に入り、急性の炎症がおきて膿がたまる病気です。多くの方が思われているような耳の外から水や菌が入って中耳炎を起こすのは、あまり見られないまれない稀なケースです。発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じ、耳の痛みなどがおこります。

治療内容

急性中耳炎の原因となっているお鼻の処置をしています。抗生物質等の、薬の内服をして頂きます。

注意事項

上記の治療を継続して実施していきます。改善が見られない場合や鼓膜の腫れがひどい場合は、小さな穴を鼓膜に開け、そこから液体を出したり、手術が必要になることがあります。処置や薬によって痛みが消えても急性中耳炎が治った訳ではありません。多くの場合、炎症はまだ治っていません。治ったと自己判断せず、医師からの診断が出るまでは通院を続けるようにしてください。治療せずに放置しておくと、中耳炎がひどくなったり、鼓膜の奥に液が溜まる滲出性中耳炎に発展する場合があります。

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは?

急性中耳炎が悪化し、自然に閉じるはずの鼓膜に穴があいてしまい閉じなくなって、そこから耳だれが出ている状態です。場合によっては難聴や耳鳴りを伴うこともあります。

治療内容

耳の中をきれいにし、鼓膜の穴から感染するのを防止します。直接耳に薬を入れて、耳だれの分泌が抑えます。

注意事項

症状が改善しない場合は、手術が必要な場合があります。まずは、医師の指示を守り、通院を継続してください。
真珠腫性中耳炎 真珠腫性中耳炎とは? 中耳炎を繰り返すうちに一部の上皮組織が増殖して耳の周りの骨を破壊してしまう病気のことです。症状の初期の段階では耳閉感や耳漏などの症状だけのことがありますが、症状が進行すると、めまいや難聴などの症状があらわれ、さらに症状が悪化した場合には髄膜炎(頭蓋内合併症)、顔面神経麻痺などに進展することもあります。

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎とは?

中耳炎を繰り返すうちに一部の上皮組織が増殖して耳の周りの骨を破壊する病気のことです。初期には耳漏や耳閉感などの症状のみのことがありますが、進行すると、難聴やめまいなどの症状が出現し、さらに進行した場合には顔面神経麻痺、髄膜炎(頭蓋内合併症)などに進展する場合があります。

治療内容

真珠腫性中耳炎の初期においては経過観察を行うこと必要があります。しかし外来治療により根治する可能性は低く、真珠腫性中耳炎が悪化していくと合併症があらわれます。一度合併症が生じると改善する可能性が低くなる傾向があります。
したがって、真珠腫性中耳炎を根治させる目的で手術による治療を選択します。

注意事項

真珠腫性中耳炎は急激に進行することがあります。したがって、経過観察を行う場合でも定期的な経過観察が必要です。また手術を行っても再発すること場合がありますので定期的に診察を受けるようにしてください。

084-983-3341
ネットでのご予約はこちら
診療時間
9:00~12:15 × ×
15:00~18:15 × × ×
〒721-0962広島県福山市東手城町1丁目3番11号・12号
診療時間
9:00~12:15 × ×
15:00~18:15 × × ×
  • 堀病院 Facebook アカウント堀病院 Facebook アカウント
  • 堀病院 LINE アカウント堀病院 LINE アカウント
  • 医療法人 徹慈会 堀病院
  • 医療法人 徹慈会 眼科 堀病院